« 東海道自転車ツーリング第3日 静岡→箱根(2012/8/15) | トップページ | 東海道自転車ツーリング番外編:東海道で出会った列車たち »

2012年8月17日 (金)

東海道自転車ツーリング第4日 箱根→八王子(2012/8/16)

8/16(木)

箱根 朝8:30スタート

昨日の峠越えで疲れたので、朝風呂に入って遅めのスタートです。

箱根湯本まではずーっと下り、遅い車やバスには追いついてしまうので、距離を開けてすいたところを見計らって、1号線を一気に下ります。

苦労して登った峠を下るのは実に爽快。サイコン読みでmax58.5km/h。

あっというまに箱根湯本に着きました。商店街の一番奥にあるちもとで湯もちを1個購入。普段だと予約しないと買えませんが、朝9時なのでそれほど混んでおらず、すんなりと買えました。

20120816_091213

横の駐車場にあるベンチでさっそくいただきます。

ふわふわの餅のなかに小さな羊羹。ひとっ走りした後にこの甘さがうれしいです。

20120816_091737

そのまま1号線をくだり、 鈴廣 かまぼこの里へ。

20120816_092605

いつもは試食のかまぼこがたくさんあるんですが今日は朝早いためまだ出ていません。そうなると食べたくなるもので、かまぼこバーなるカウンターでお試しセット¥500を頼みました。

謹上蒲鉾(定価\1100)、特上蒲鉾(\1650)、超特選蒲鉾「古今」(\3500)がそれぞれ一切れづつ。こうやって食べ比べてみると、確かにぜんぜん違います。謹上より特上のほうがもっちりしていて味もあります。更に古今、すべて手作りとのことですが、「魚」という味がしっかり、蒲鉾は魚から作られているというのがよくわかります。

箱根新道や西湘バイパスは自転車は通れないのでずっと1号線を走り、続いて小田原城。ここは城内が広い立派なお城ですね。

20120816_101321

さて、さらにちょっと寄り道して海に向かい、渋滞している車の脇を通り135号で小田原港へ。ちょっと早いがお昼にします。

小田原さかなセンターのいこいで日替わり刺身定食

\1000だけど分厚い刺身で豪華です。(毎日朝だけ海の幸で豪華な自転車旅行)

553718_332579430167027_1291121185_n

おじさんに聞いたら、小田原は昨日そんなにすごい雨ではなかったとのこと。静岡が特に大雨だったみたいです。

お昼を食べたらまた1号に戻り東京に向けて出発。日本橋まであと80kmまで来ました。ここも松並木が残ってます。

20120816_111600

箱根を越えるとロードバイクが一気に増えますね。昨日までは1日に数台しか見なかったのに、こっちでは30分に数台、とか。そういえばホテルにも5台ぐらいいたなあ。田舎は少ない、というだけでなく名古屋市内もほとんどいなかった。道路は広いし平らなのに。

向かって右側、旧東海道をそのまま下り車線として残し、横に上り車線を作って道路を広げて、東海道を残している場所もありました。

20120816_120503

東京まであと65kmまで来たところで、1号に別れを告げて129号を北上します。

20120816_122244

このあと厚木まできたところで、あまりの猛暑にいったん公園で休憩。頭から水をかぶってクールダウンしました。それまでもペットボトルの水を頭にかけたりはしてたんですが、それではおっつきません。

しばらく休んだあとは元気を取り戻して、コンビニに寄っては水分を補給するとともに涼み、休み休みうちまで無事たどりつきました。

本日の走行距離 83.4km(箱根の下りが10kmあるから自転車をこいだのは実質70kmぐらい)

max 58.5km/h Time 4:44:02 Av 17.5km/h

まとめ

4日間の走行距離 428.64km → 寄り道のせいか、予想の355kmよりだいぶオーバー

よかったこと

・まずはなんといっても予定通り走れた。4日とも予定の距離を走れました。

・箱根を越えられた。ゆっくりではありますが、押さずに自転車をこいで登って越えられました。

・旧東海道が楽しかった。そもそもそんなに残っているとはしらず、また走ってみたらよかった。昔の街道なのでまっすぐだし高低差もあまりない。過去には国道1号だったせいか道幅はそこそこ広く、今は車はそれほど多くない。更には古い建物や松並木がところどころに残っていて、走っていて気持ちがよかったです。

グランドキャニオンに行ったとき、ヒストリックルート66はアメリカ人の心のふるさと、といって観光もさかんでしたが、江戸時代には出来上がっていた東海道はもっと注目されてもいいのではないでしょうか。

・輪行袋・・・何回か出し入れしたのでだいぶ慣れた。これなら電車に乗ってどこへでも行けそうです。

・Facebookに載せたら予想外にたくさんコメントをもらい、たくさん応援してもらった。おかげで励みになりがんばれました。

大変だったこと

・なによりも雨・・・多少の雨はあるかもと思ってたが、大雨警報で土砂降りの中を走るのは想定以外。そのためスピードが出せなかったりマップが濡れたり防水のはずのナビの音が出なくなったり、さらにはその影響でルートを間違えたりしました。そうそう、自転車のフレームに巻き付けていた百均の腕時計も、あっという間に濡れてダウン。

・サドルバッグ・・・だんだん下がってきてタイヤに擦る。金具で支える部分に板をかませてみたり更にスペーサーを入れてみたりしたがあまり改善しなかった。Carradiseには私の買ったSQR サドルバッグ アップリフトシステムの他にもうひとつBagman Sport Quick Releaseという取付金具があって、そちらはバッグを下から持ち上げるようになっているのだが、そっちのほうがよかったかも。

・ボディスクリーン(股ずれ防止クリーム)・・・全然使いませんでした。買わなくてよかったと反省。

・そして箱根の坂・・・雨の走行で疲れたあとということもあって(あるのか?)、なんとかかんとかやっとこさ登れた、というのが正直なところ。坂は好きではないんですが、大垂水峠、和田峠、ヤビツや上野原など、近場でもう少し鍛錬が必要ですね。

・食事・・・特に夕食。自転車という足があるからどこか食べに行けばいいやと思っていたが、濡れた状態でちゃんとしたお店に入るのもなんなんで、結局手軽に済ませることになってしまいました。その分朝食でおいしいものを食べましたが。

そんなこんなで4日間にわたって書き続けた東海道自転車ツーリングもこれで終わりです。ありがとうございました。また次回をお楽しみに(って次回があるのか?)

« 東海道自転車ツーリング第3日 静岡→箱根(2012/8/15) | トップページ | 東海道自転車ツーリング番外編:東海道で出会った列車たち »

ツーリング」カテゴリの記事

東海道」カテゴリの記事

コメント

完走おめでとう✿
あの土砂降りの中で予定通りこなして流石です、ゆっくり休んで下さい

森田です(笑)。

遅ればせながら無事完走おめでとうございます。
東海道は学生の頃に走ったので懐かしく読ませてもらいました。そしてまた走ってみたくもなりました。
芦ノ湖から先は昨年箱根駅伝のコースをジョギングしたのでリアルに伝わってきましたよ。 小田原城内の広い敷地は昔そこに動物園があった名残ですよね。

小田原さかなセンターは聞いた事があります、行ってみたいなあ。 

10月か11月頃、自転車で走りやすい季節になったらそちらあたりでポタしませんか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537647/55351096

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道自転車ツーリング第4日 箱根→八王子(2012/8/16):

« 東海道自転車ツーリング第3日 静岡→箱根(2012/8/15) | トップページ | 東海道自転車ツーリング番外編:東海道で出会った列車たち »