« 日本橋から東神奈川へ、東海道を少しだけ(2013/7/6) | トップページ | 初泳ぎ(2013/7/13) »

2013年7月 7日 (日)

弐号機 起動 Tern Link C7(2013/7/7)

弐号機、 tern Link C7:フォールディングバイク(折りたたみ自転車)、買っちゃいました。

Ncm_0063

折りたたむとこんな感じ。

Ncm_0059

通勤用に使ってた零号機が10年以上たってあちこちガタがきたのでこないだから後継機を検討してたんですが、ようやくTern Link C7に決めました。

Ternは、折りたたみ自転車のTOPブランドDAHONの創業者の息子が始めた会社で、LINK C7はDAHONでいうとBOARDWALK D7あたり。泥よけ標準装備でお値段ちょっと安め、

Ternは置いてある店が少ないんですが、探した結果国立のカルマックスタジマという店を発見。今日の午前中にお店で店長さんと話して購入、調整してもらって午後受け取ってきました。

フォールディングバイクに力を入れているお店で、感じのいい店長さんでしたよ。

さっそくうちの前のサイクリングロードを行ったり来たり。

とりあえず、備忘録としてTernのサイトにあるTern Link C7のスペックを転記しておきます。

Specifications

General Info

色:    ブラック×ブルー
    ブラック×ダークグレイ
    ホワイト×イエロー
    ブラック×イエロー
    ホワイト×ブルー
Wheel Size: 20 inch wheels
Speeds: 7
ウェイト: 12.4 kg
Folding Time: 10 sec
Folding Size: D34 x W85 x H70 cm
Frame Sizes: One size
Gear Inches: 37" - 73"
Distance: Seatpost to Handlebar: Min: 600 mm Max: 650mm
Distance: Saddle to Pedal: Min: 700 mm Max: 960mm
Suggested Rider Height: 142 - 190 cm
Max Rider Weight: 110 kg
 

Frame

Frame: Link, 6061-AL, FBL Joint, DoubleTruss
Fork: Hi-tensile steel
 

Cockpit

Handlepost: Q-Lock, forged aluminum, silver/MIN350mm/MAX450mm/12°
Stem: Telescope, 6061-AL
Headset: Cartridge
Handlebar: Flat bar, 6061-AL, silver/580mm/33.9mm
Grip/Bars Tape: BioLogic Ergo, kraton
Saddle: Sport
Seatpost: SuperOversize, 6061-AL, casted clamp
Seatpost Clamp: SuperOverize, 6061-AL, silver/580mm/33.9mm
 

Brakes

Front Brake: V, aluminum
Rear Brake: V, aluminum
Brake Levers: V, aluminum
Brake Cable & Housing: Anti-compression housing, slick cables
 

Wheels

Front Hub: Mini by Formula, aluminum/20H
Rear Hub: Formula, aluminum ,7 spd./28H
Spokes and Nipples: Stainless steel, brass nipples
Rims: Aluminum, ground sidewalls
Tires: Schwalbe Impac StreetPac. 406, 20×1.60 F/V
 

Transmission

Shifter(s): Shimano 7 spd.
Rear Derailleur: Shimano RD-FT30
Crankset: Cold-forged 6061 aluminum /52T
Cassette/Freewheel: Shimano 7 spd.,14-28T(MF-TZ21)
Bottom Bracket: Two-piece
Chain: Taya, 7 spd.
Pedals: Suntour folding
Shifter Cable & Housing: SIS-SP, DuPont L3 lubricant
 

Extras

Kickstand: Aluminum, Dacromet bolt
Clip System:M Magnetix 2.0
Luggage Socket: Yes
Fenders: Optional: SKS, stainless hardware
Rack(s): Optional: BioLogic Portage Rack


Technology

DoubleTruss
Sukurinsiyotuto2012111495059
3D = Stronger

Tern全モデルに採用されている特長的なフレーム構造

ダブルトラス 3Dフレームテクノロジー
走行中のねじれなどを計算し新たに作られたTernを代表する3Dフレーム。
フレーム自体の強度化と後輪へのパワー伝達など、
ライダーのパフォーマンスを最大限に引き出すことが出来る最新技術を用いて作られた。

※Tern全モデルに採用されている。


FBL Frame Joint
Sukurinsiyotuto20121114100341


Strong and Secure


強固で安全性の高いFBLジョイント

FBL フレームジョイント

前後を包み込むようにクランプする事で従来のクランプ力をより高める。
レバーもシンプルでありながら強固に作られており、手にフィットするなめらかな形状となっている。


Q-Lock Handlepost

Sukurinsiyotuto20121113135618_2
Quick Locking

耐久性と安全性の高い二重ロックシステム

Q-Lockは強度と耐久性の基準が厳しい欧州のEN基準をクリアした安全で使いやすいロック機構。
ハンドルポストが上下に最大100mm可動し、乗る人の体格に合わせ最適なハンドルポジションを取る事が出来るQ-Lockハンドルポスト。
さらに、ハンドルバーの高さ調整後のセンター出しが容易にできるよう切れ込みが入っており、初心者の方でもポジション変更が容易にできる。
また、ヒンジレバーは内部ロックと外部オートロックを組み合わせた二重ロックでしっかりと固定されている。

※LinkC7にのみ採用。


Luggage Socket
Sukurinsiyotuto20121114100801
Carry More Stuff

ヘッドバッジに隠された秘密

ラゲッジソケット
ヘッドチューブにある Tern ヘッドバッジを取り外すことにより、バスケットやバッグを取り付けることができるソケットが出現する。
ツーリングから日常の使用まで用途に合ったキャリーツールを搭載する事が出来る。

※アクセサリーのLuggage Trussを装着できます

« 日本橋から東神奈川へ、東海道を少しだけ(2013/7/6) | トップページ | 初泳ぎ(2013/7/13) »

フォールディングバイク」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

tern Link C3 ご購入、おめでとうございます〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
新しい自転車がやってくるのって、うれしいですわね〜。
Topの写真は、南浅川のあの辺りでしょうか(笑)

さすがはダホン創業者の息子さんがお作りになっただけあって、ダホンの血筋を感じさせますわ〜。
頑丈そうですし、安全性能も高そう。。。
その上、外装7段変速! 坂も行けちゃう感じ!
このお値段で、このパフォーマンスは、すばらしい〜

ところで、谷保にカルマックスタジマさんという自転車屋さんがあったのですか。
存じませんでした〜。
多摩エリアで、ビーチクルーザーを扱っているとは、面妖な、、、いえ、ユニークな自転車屋さんです(笑)
興味しんしんです〜!

うり坊様

さっそくお越し頂きありがとうございます。
一発で南浅川と見抜くとはさすが元地元ですね(笑)
そうです、5月に鯉のぼりが泳ぐところです。

カルマックスタジマさんは一見普通のママチャリ屋さんに見えますが2階の展示場(兼自転置き場?)にDAHONやらternやらがところ狭しと置いてありました。
ただしロードバイクはありません。

そうそう、昨日帰りにビックカメラでライトやら鍵やらを見に行ったとき、はっちか君に会いましたよ!ブログで読んだばっかりだったので思わず握手しちゃいました。

ええ! ビックカメラではっちか君と遭遇?!(◎_◎;)
さ、さすがはもーやんさま!
引きがお強いですわ〜!

そして、はっちか君と握手!
その場にわたくしも居合わせたかったですわ〜。
もーやんさまは勇気がおありですわ〜。
はっちか君に近づきたいとは思っても、あの巨大な頭につい圧倒されてしまって、
ついつい遠巻きに眺めてしまうのです。
今度会ったら、わたくしも勇気を出して近づいていって、はっちか君に握手してもらおうと思います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537647/57742193

この記事へのトラックバック一覧です: 弐号機 起動 Tern Link C7(2013/7/7):

« 日本橋から東神奈川へ、東海道を少しだけ(2013/7/6) | トップページ | 初泳ぎ(2013/7/13) »